幼児期までに覚えさせておきたいスキル

幼児期の子供に必要なことは「遊ぶこと」「教えること」

幼児期ってなに?知っているようで知らない幼児期の成長

幼児期は脳の成長が盛んな時期で、様々な体験を通して運動能力や思考能力、社会性、言語能力等が発達していきます。 この時期にしっかりと能力を伸ばしてあげれば、一人の人間として十分な基礎となる土台を作ることができます。 その反面、周囲の環境が大切になってきます。 子供に対し、常に真摯に向き合う必要があります。

続きを読む

幼児教育は本当に必要?

幼児期とは、人の一生の中で最も成長する時期だと言われています。
身体的にも精神的にも大きくたくましくなります。

2歳で言葉を覚え、片言ながらも少しずつ話し始めます。
また周囲の人や物に対して興味を持ち始めるのもこの時期からです。
3歳で一人で着替えができるようになったり、おはようなどの挨拶も覚え始めます。
お箸やハサミなど指先を使う動作、マナーやルールを理解し始めるのも3歳ごろからだと言われています。

そして、4歳ごろからめざましい成長が見られます。
お箸やハサミを器用に使えるようになるほか、自分が実際に体験したことを人に話すこともします。
また好き嫌いの意思がしっかりしていて、それをはっきりと言葉で伝えることができます。
お絵描きにも大きな特徴が出てきます。
電車や家を描けたり、色使いも増え、人を全体で捉え、手足や顔のある人の絵を描き始めます。
意思表示能力や表現力が成長する歳だと言えます。

5歳では、幼稚園保育園年長さんということもあり、社会性も育ち始めます。
友達を自分から作る意識をし始めたり、公共の場でのマナーを意識します。
身体的な面では、前転ができるようになったりブランコやジャングルジムで遊び始めたりもします。
また数字を正確に数えることができるようになるため、簡単な足し引きができるようになります。
他者を思いやるなど相手の表情を見て感情を読み取ったり、時間や空間の認識能力も身に付き始めるので、精神的に著しく成長する歳と言えるでしょう。

2歳から5歳までの4年間でこれだけ多くのことを覚え、学び、そして使うことができるようになるのです。

子供にとって「遊ぶ」ことの大切さ

子供の仕事、それは遊ぶことです。 遊ぶことによって、運動能力の向上、コミュニケーション能力などを発達させることができます。 友達と遊ぶことによって、その中でルールを守ることや自らの意思の主張、相手を受け入れることなど社会適応能力を養っていきます。

続きを読む

これはやってはいけない?幼児教育におけるNG行為

NG行為と聞いて、どんなことが思い浮かびますか? 頭ごなしに怒る、否定する、勉強や習い事を強制するなど子供のためと思うがゆえに強くなってしまうこともありますよね。 親の小言や言葉遣いも子供はしっかりと覚えているので、同じような態度を人にとってしまいます。

続きを読む